21
10月

久しぶりに新宿に行きました。お買い物に行こうと思ってたのですが、都庁の地下はすっかりテナントが撤退して、行政一色な建物に変化してました。あそこの下は伊勢丹の貸店舗があったのですが、パスポート申請の窓口の近くなので写真の芸術のイベントを今迄は旅行商品などがありちゃんとセールの時期も伊勢丹と並行して開催して人も少ないので穴場で好きだったのですが、景気のあおりと都知事の交代などで様々な変化が生じてました。 オリンピックもあるし、芸術や文化的遊びをしってる今迄の都知事とはまた人が変わると細かいところまで変化が浸透するのだなと思いました。 東京都の中心という意味では仕方ないのかもしれません。しかし、新宿区としては、クリエータ-ズイベントとして西新宿一帯が非現実的なインスタレーションが展示してあり普段は殺風景なオフィス街が彩のある街に様変わりして可愛い配色のデザインに巡り合うことができて楽しかったです。目的を確認していったわけではないので童心に帰ってワクワクしました。これからオリンピックに向けてもっと変化していくのだなあと思いながら散歩して帰ってきました。
テレビや週刊誌の少し暗いイメージの新宿でなくもっと明るい新宿にアピールして
欲しいです。

コメントは受け付けていません。
12
10月

爽やかな秋です。この季節の風が大好きなので気分は絶好調です。こんな時の野外作業はけっこう乗りが良くてはかどります。
最近始めた家庭菜園。全くの素人が本などをちょっとだけ参考にしながら、適当にやっているいい加減菜園です。場所は道路に面したところにあります。そのせいかいろんな人が通りがけに私の菜園を見ていきます。
初夏におば宅を訪れたときに、もぎ立てのフレッシュなイチゴを食べさせてもらいました。それを見た私は自分でも育ててみたくなりました。イチゴ栽培はけっこう大変だと聞いていますが、伯母は簡単だといいました。まあ上手な人にとっては簡単なのでしょうけれど。
とにかくこの秋にイチゴ苗を植えてみようと決めました。そしてまず畑の準備をしました。肥料を撒いて土を耕し、鍬を使って畝を作りました。広めに作ろうと思ったのですが狭い畝になってしまいました。いい加減農園なのでそれでもいいかと妥協して終了。
ところがです、わが家のじいさんからクレームがつきました。案の定、畝が狭いと叫んでいます。それに加えて、毎日自転車で自分の畑に行くためにわが家の畑の前を通る近所のおじさんからも激しいご指摘。やはり畝が狭いと!
翌日、私は畝幅を広げるために畑に出ました。汗をかきながら何とか畝を広くしました。その後うちのじいさんと二人でその畝にビニールマルチをかけることにしました。
その作業中に通りがかった例の近所のおじさん。自転車を止めてじっとこちらを見ています。そしてついに畑に入ってきて私の鍬を取り、ビニールの端にかける土を削りはじめたのです。上手なもんです。ど素人のやり方を見ていられなかったのでしょうね。どうせなら最初から全部やって欲しかったです

コメントは受け付けていません。
01
10月

いよいよ明日ですが、妹が初めて一人で東京に行きます!
妹は東京にはもう何度も行ったことがありますが、田舎の人間ですしかなりの方向音痴です。
あの都会の街を一人で歩いてちゃんと目的地まで辿り付けるかどうか私としてもとても心配です。
東京でネットで出会った人に会いに行くみたいです。
いわゆるオフ会みたいな感じで大勢の人が来るのだとか。
そのオフ会の開催される場所は前に東京に行った時に友達と下見をして来たそうなので、もうルートは大丈夫だ!と言うのですが…。
そして心配事と言えば天気もそうですよね。
先日東京都内で物凄い豪雨があり浸水しているのをニュースで見て驚きました。
妹は結構な雨女ですから心配なのですが、そのオフ会主催者の方が最強の晴れ女らしく、大事な日は絶対に晴れるそうなのです。
確かに明日の東京の天気予報を見ていると曇り後晴れですね…(笑)。
そして妹はよく体調が悪くなるので、東京で一人でいる時に具合が悪くならないことを願います。
雨が降っても道に迷っても、体調が良ければ大丈夫ですから体調が一番心配です。
私も一人で東京に行ったことはありません。
昔行こうかと思って電車の乗り方とか調べたこともありましたが全然分からなかったので挫折しました。
だから妹は凄いです。

コメントは受け付けていません。
22
9月

テレビ東京で放送されているペットとの旅番組…今年に入ったあたりから時々しか放送されなくなってしまい残念ですが(BSでは毎週放送)、録画したものを見て癒しをもらっています。ラブラドールレトリバーの「まさはる君」と芸人の松本秀樹さんが日本全国を旅しているのですが、まさはる君の可愛さと旅で出逢う可愛らしいペット達を見るとほっこりした気持ちになります。天然さがあり食いしん坊は代々遺伝のようなものなのか2代目だった「だいすけ君」も同じような雰囲気や行動をしていました。
見ることになったきっかけは、東日本大震災が起きてからでした。
震災ニュースばかりで心が苦しかった時に、ふとテレビをつけたら2代目だった「だいすけ君」の放送がされていました。その可愛さに安心し、また松本君の優しい口調にも癒しをもらえたため、それから放送時間を確認してみるようになりました。
辛いことがあっても心に癒しを与える動物のパワーはすごいと思います。
祖母がお世話になっている介護施設でも犬が時々来る日があるそうですが、その時に動物好きな祖母は「にこっ」と笑うようです。普段は無口であまり表情も豊かではありませんが、そういった癒しの効果が動物にはあるんだなって、つくづく感じました。
介護施設でも「まさはる君」のテレビを見ることができてればいいなって思いますがBSだと夜放送なため、できたら民放の昼間の放送時間をドラマ枠ではなく戻してくれたら嬉しいのになって思っています。

コメントは受け付けていません。
17
9月

 うつ病で悩んでいる人は年々増加しています。そんな人にとっては、うつ病に聞く特効薬があればいいと思いますが、実際にそんな特効薬等はありません。
 むしろ、うつ病の状態ならば、薬よりも不足している栄養をサプリメントでしっかり補給することが必要です。特におすすめなのは、アミノ酸です。アミノ酸は、うつ状態で足りなくなるホルモンでもあるセロトニンやノルアドレナリンを生成するために必要不可欠なものです。
 ちなみに、アミノ酸はあくまで必要な栄養素なので、アミノ酸を摂取するとみるみるうつ病が治るというものではありません。
 セロトニンは、脳の感情等をつかさどる伝達物質です。これが不足すると感情の起伏が乱れたり、心の鎮静化ができにくくなるので、セロトニンは確実に決まった分量を体内に生み出していけるようにしておく必要があります。セロトニンを生み出すにはトリプトファンというアミノ酸が必要ですし、ノルアドレナリンを生み出すには、フェニルアラニンというアミノ酸が必要です。
 これらの物質をしっかりと補給して、体内に伝達物質が生成されるようになれば、うつ病の症状も緩和できるでしょう。むしろ、日頃から努めて摂取していれば、うつ病の予防にもなるというわけです。

コメントは受け付けていません。
08
9月

JR西日本が、近畿と広島地区の各路線をアルファベットで表現する「路線記号」を導入すると発表しました。
急増する外国人観光客や訪問者らに配慮し、乗り換えなどをしやすくする狙いがあるようです。
表記は、東海道・山陽線から紀勢線のAからZまでの29路線に21のアルファベットを当て込みました。
広島では新たに5路線に「ラインカラー」も設定してより分かりやすい表示に変えたそうです。
JR西には路線間をまたぐ直通列車が多く、同じホームから違う路線への列車が発射することもあるんで、今まで乗り間違いが多く発生していました。
乗り換えが間違えたくないから確認していると、ドアが閉まって乗れなかったということもよくありますね。
車両に表示された路線記号を確認すれば、安心して乗り換えが出来るようになるという担当者の答えもあります。
路線記号は大阪市営地下鉄などでも導入されていて、今後は乗り換えがしやすい列車が誕生して行くでしょうね。
電車にラインを盛り込むという発想はないのかなと、思うのですが、やるには少しお金がかかりそうですね。
電車に乗ることが少ないので、地下鉄事情は詳しくはないですが、地下にあれだけの空間を作っているのですから、日本の技術もたいしたものだと思いますね。
時間の短縮と、間違いの減少を、個人が実感出来れば良いですね。

コメントは受け付けていません。
26
8月

水回りが汚れていると運気が下がるから、常にきれいにしておいたほうが良いと風水では言われていますが、なかなかスペシャリストに掃除ができる時間って限られていると思います。だから言い訳のようになりますが、放置して結果的に汚れてしまい後悔するの繰り返しです。
でも昨日、仕事が急きょお休みになったので子供たちが学校に行ってから何をしようかと、変な時間というか間があいてしまいました。
お休みは嬉しいのですが、仕事に行く気満々で制服に着替えて準備をしていたので何をしていいのかわからなくなったのです。
そこで思いついたのが水回りの掃除。私の仕事は清掃員なので、普段から掃除をすることに関しては長けていると思います。ただ、業務用の洗剤類ではないので家庭用洗剤では汚れを落とすのにも限界があるのが現実。でも今日は急きょ休みになって時間も作ることができたので、いつも気になっていたところを徹底的に掃除しました。
まずはお風呂。お風呂のふたのカビを取り除き、浴槽をきれいに洗って、洗い場の隅にあるカビやぬめりを洗い落としました。壁もきれいに磨き上げてカビ症候群もなくなりスッキリ!
スッキリしたせいか何だか明るくなったような気さえしてきます。今日のお風呂は気持ちよく入れそうです。

コメントは受け付けていません。
16
8月

初対面の人との会話でよくあるのが趣味の話し。会話に困ったら、「ところで、ご趣味は」とか「休日はどう過ごされますか」といったフレーズで話しをつなぎますよね。
ですが、私はこの趣味の話しが苦手です。私の趣味は読書なのですが、最近では読書をする人が少なくなっています。そのため、「趣味は読書です」と答えても、会話が広がらないのです。
テレビや映画、音楽が趣味というなら話しは別ですよね。音楽が好きという人は多いですし、話題のテレビドラマなら、とりあえず見ているという人も少なくないでしょう。
ですが、読書だとそうはいきません。これまで読書が趣味と答えたときには、「本を読むとタメになるって言いますよね」といった一般的な内容の返答がほとんどです。そこから、好きな本に話題が発展するなんて、まずありえません。
もう一つ、困るのが好きな作家について。私が一番好きな作家さんは少しマイナーなのです。そのため、「誰の本を読むのですか」と聞かれて、その作家の名前を答えても、知らないと返されてしまいます。
ですから、好きな作家の名前を聞かれたときには、一番好きな作家さんの名前ではなく、村上春樹さんの名前を挙げます。村上さんであれば、多くの人が名前を知っていますし、彼の本を読んだことがあるという人も多いでしょう。
念のため補足しますが、私は村上春樹さんの小説も大好きですよ。あれだけたくさんの人に読まれ、なおかつ文学作品としての評価も高い村上さんは本当に凄いと思います。
マイナーな趣味を持つ人なら、こうした悩みに共感してくれると思います。趣味の話しは定番のトピックですが、万能というわけではないようです。

コメントは受け付けていません。
05
8月

庭の雑草があると蚊がくるので、なるべく雨が上がって土が柔らかいときに抜こう!と思い、涼しい時間帯に草むしりをした。
それでも、太陽があたると暑いので、そんなに長い時間はできない。
大きな木がある所などに避難しつつ、少しでも多く抜いた。
フマキラーをまいてから草をむしったのは正解だった!
どういうわけか、全く刺されずにすんだ!!
今まではかゆい、かゆいといいながらかきながら、必死でお尻まで刺されて痒い思いをして抜いていたので、先にまいて草むしりをすると、ここまで全然蚊って来ないの?と首を傾げるような…不思議なくらいに刺されなかったですよ。
そうとう、フマキラーが聞いた様子…
先に巻けば、葉っぱや草の小さい微量の雨の水滴とかにフマキラーの殺虫剤がついてくれて、草に膜ができるのか知らないけど、あんなにうっそうとしてても一か所も刺されずに済むんですね!
あれからわかったから、次もそんな風にします。
巻きすぎは良くないけど、植木鉢にたまった水とかにも蚊がすごくわくそうなので、大丈夫な程度に上からパラパラ落ちるようにします。
大きい木など、葉の裏側に届くようにも、シューっとうまくあちこち吹けば、くっついてくれるのか、蚊がすぐ死んでくれて、生きてる分も嫌がって近寄りにくいみたいで、ほんとに刺されなかったですよ。
ほんとに先にザッとまく!これがミソ!
蚊取り線香なら、体にぶら下げるようになってるのもあります。
それをつけて雑草抜くと蚊に刺されずに済みます。

コメントは受け付けていません。
22
7月

昨日から決めていました。
明日はモコと散歩することを。
毎日の散歩は15分だけど今日は何にも無い平日のお休みです。
桜が咲いているこの季節に散歩するきゃないでしょう。健康の為にも散歩をしました。
靴はトレッキング用を履いて、モコのトイレ準備たくさん持って、私とモコの水分補給も持ちました。
モコもジャンプして喜んでいます。私もお弁当持ちたいくらいです。
いつもの散歩コースは誰にも会いません。
いつもは気づかなかったけど、すみれが咲いていました。いつも薄暗いころ散歩だったから気づかなかったようです。
さあ、これからは、違うコースだよ、モコちゃん。
郵便局を曲がって初めての世界だよ。
少し上り坂を歩くと、モコも私も疲れたので休憩しました。
風が気持ちいいです。スミレに風にモコちゃん。
ほのぼのとはこんなことを言うのでしょう。
桜も見たいです。もう少し登りましょう、田んぼの中にお墓がありました。
名前を見ると知っている方のお墓でした。
何も持っていなかったけど、お水だけお墓にかけてお参りしました。
すがすがしい気持ちが流れます。
そして、小さい桜の木がありました。
モコみたいだね。可愛い桜の木。
大きい桜では無いけどモコとみる桜は一番です。
素敵なお休みです。帰りは下り道だから楽ちんです。
モコは抱っこしてあげました。

コメントは受け付けていません。